8/9 Tue(Jazz)

Ryo Miyachi Quintet

既存のジャズ・フュージョン系ベーシストの枠に収まらない現代的な感性で次世代ジャズシーンを担う重要人物の一人である新進気鋭のベーシスト宮地遼が、大盛り上がりをみせた今年1月に行われたクインテット編成で再びケリーズに登場

〔宮地 遼プロフィール〕
1994年、岡山県出身のベーシスト。作曲家。高校生の時にベースを始め、卒業後は神戸に移住し甲陽音楽学院に入学。
ロック、ファンクを中心に様々なジャンルでメジャー・アーティストのサポートを含め音楽家としての活動を始める。
2014年には渡米しニューヨークへと移住。
コンテンポラリー・ジャズを中心に学び、一線で活躍する数々のミュージシャンとも共演。
2017年に自身初のリーダー・アルバム『November』をリリースし話題を集める。
2018年に拠点を東京に移して日本での本格的な活動を開始し、サッポロ・シティ・ジャズのパーク・ジャズ・ライブ・コンテスト 2018 にて”Ryo Miyachi Quintet”として最優秀バンド賞を受賞。
さらに第2回La Bella Strings主催ソロ・ベース・コンペティションにて2位を受賞する。


宮地 遼(B)
石川 広行(Tp) 朝田 拓馬(G) 梅井 美咲(P) 井口 なつみ(D)


2stages/入替無し open 18:00 1st 19:30/2nd 21:00
charge:前売¥4,200 当日¥4,500 学生証提示の方(22歳まで)¥3,000
▶ご予約、ご来場の前に必ずご一読ください。