7/7 Thu(Jazz)

Hatsuho Furukawa Piano Trio
『ENDING IS BEGINNING』Release Live

ジャズピアノの鬼才古川初穂と、Tスクエアの黄金期を支えた鉄壁のリズムセクション須藤満、則竹裕之。結成して20年弱を経てますます進化を続ける比類のないこのトリオ。今回は心のままに音を紡いだ全曲オリジナル楽曲の新作『ENDING IS BEGINNING』発売記念公演で登場。

独自の世界観で魅了する3人のステージをどうぞお見逃しなく!

〔古川初穂プロフィール〕
兵庫県明石市生まれ。
コロムビア・ベターデイズレーベルから伝説のバンド「羅麗若(ラレイニヤ)」でデビュー。
上京後、布川俊樹の”VALIS”、水野正敏・村上ポンタ秀一率いる”METHOD”その他で活動。
布川俊樹のソロアルバム「Departure」では、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ボブ・バーグと好演。
矢沢永吉、EPO、Hi-Fi setなど数多くのレコーディングやツアーに参加。
T-スクエアのドラマー則竹裕之のソロアルバムなどのプロデュースも行う。
2005年 古川初穂ピアノトリオを結成。今年で結成17年目を迎える。
2020年9月 4thアルバム「ENDING IS BEGINNING」リリース。
氷河の消滅など気候変動を題材とした「Okujokull」など渾身の全曲オリジナルアルバム。
KiKi率いるゴスペルクワイアCHOUBのピアニストとしても活動。
シンガー森山良子、チェリスト溝口肇のサポートもしており、様々なアーティストからの信頼も熱くジャンルを超えて幅広く活躍している。


古川 初穂(P) 須藤 満(B) 則竹 裕之(D)


2stages/入替無し open 18:00 1st 19:00/2nd 20:00
charge:前売¥4,500 当日¥5,000
▶ご予約、ご来場の前に必ずご一読ください。