6/20 Mon(Jazz)

Akane Matsumoto SOLO PIANO
“Little Girl Blue” Release Live

ビバップを根底に据えたストレートアヘッドなプレイで魅了する美しきジャズピアニスト松本茜が、ソロピアノアルバムを携えてケリーズに登場。

幼少時代、クラリネット奏者北村英治氏のコンサートでジャズと遭遇。独学で日々ジャズ演奏の模倣を続ける。
2002年、MALTA(sax)プロデュースの第1回倉吉天女音楽祭出場、グランプリ受賞。
2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション学費全額免除試験に合格。
同年に第23回浅草ジャズコンテスト・ソロプレーヤー部門にて金賞受賞。このとき共演した植松良高氏(dr)に将来性を買われ、度々上京しジャズクラブで定期的にライブ活動を行う。
NHK広島放送局制作の情報番組で高校生ジャズプレイヤーとして紹介される。
2006年4月、日本大学芸術学部進学と同時に上京。放送業界のノウハウを学ぶ傍ら、都内での本格的なライブ活動を始める。
2008年5月、日本コロムビアレコードより、1stアルバム「フィニアスに恋して」でデビュー。
2009年10月初渡米、NYにてNatReeves(b)、JoeFarnsworth(ds)の両氏とレコーディング。翌年1月、2ndアルバム「Playing NewYork」発表。地元鳥取県米子市文化ホールにて凱旋トリオコンサートを行い、成功をおさめる。
2013年2月、パリで開催されたJazzInJapanにトロンボーン奏者の中川英二郎氏のグループで出演。
2013年6月、浜崎航(ts)氏とのユニット、浜崎航(ts)meets松本茜trio”BIG CATCH”より1stアルバム”BIG CATCH”をリリース。コアなジャズファンもジャズ初心者も笑顔になるライブは、全国各地で大きな支持を得る。同バンドでNHKセッション2014に出演。
世界の第一線で活躍するPeterWashington(b)、GeneJackson(ds)の両氏と3rdアルバム”Memories of you”(2015年)、4thアルバム”Night&Day”(2017年)を制作。
2018年、自身の故郷である鳥取県の『とっとりふるさと大使』に任命される。


松本 茜(P)


2stages/入替無し open 18:00 1st 19:00/2nd 20:00
charge:前売¥3,500 当日¥4,000
▶ご予約、ご来場の前に必ずご一読ください。