5/14 Sat(Brazilian Music)

“Lunch Time Live”

初夏の風の吹く季節、ブラジル音楽を中心に演奏するフルーティスト滝沢ミナコと、アレンジャーとしても活躍するピアニスト石川まぎが、ランチタイムにアコースティックサウンドをお届けします。

〔プロフィール〕
Minako Takizawa 滝沢ミナコ Flute

9歳よりフルートを始める。
桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋学園短期大学部でクラッシック音楽を学ぶ。
ブラジル音楽との出会いによって方向転換し、JAZZ理論を学びライブ活動を始める。
ビクターエンターテインメントA&Rで、JAZZバンドBIANCAを結成。
テイチクエンタテインメントよりメジャーデビュー。
作曲家としても活動し始め、オリジナル楽曲が日本テレビストレートニュースや、テレビ東京の番組テーマ曲、NHKあさイチなどの情報番組のBGMなどで起用されている。
サウンドディレクションや、プロデュースを手がけている。
近年は、ブラジル音楽を中心に、全国各地でライブ活動を行なっている。

Magi Ishikawa 石川まぎ Piano

作・編曲・ピアニスト。
ジャズピアニストとして18歳でプロデビュー。
自身が作編曲をつとめるユニット「シンフォニー宙」を結成。
自然の彩りを描くオリジナル曲を収録したCD「星降るほたるの谷」「そらめぐり」「雫とベル」「アルコイリス」リリース。
多数のアーティストのCD制作他、演劇舞台音楽制作等も手掛ける。
2013年にはUSA Presbyterian college 及びCoker college から合唱曲とオーケストラの作曲依頼を受け渡米し初演。
2017年高山右近列福式のオーケストラ演奏においても編曲を手掛けるなど、国内外で幅広く活動している。


滝沢ミナコ(Fl) 石川まぎ(P)


2stages/入替無し open 12:00 1st 13:00/2nd14:30
charge:¥3,500
▶ご予約、ご来場の前に必ずご一読ください。