4/21 Thu(Jazz)

Eriko Shimizu New Album『ASPIRE』Release Live

ジャズピアノの鬼才・清水絵理子が全曲を書き下ろしピアノトリオで満を持してリリースしたニューアルバム『Aspire』リリースライブでミスターケリーズに登場。

メンバーには共に日本ジャズシーンの気鋭レーベル”Days of Delight”からリーダーアルバムを発表し、峰厚介カルテットのバンドメイトでもある須川崇志と竹村一哲。
日本ジャズ界が誇るトッププレイヤー3人が、緊張感と浮遊感が共存する唯一無二のサウンドを展開します。

〔清水絵理子プロフィール〕
1973年東京品川生まれ。祖母がピアノとエレクトーンの先生をしていた影響で、幼少の頃より楽器に親しむ。5歳から本格的に習い始めネム音楽院にてクラシック•作曲法等学ぶ。
16歳で大作曲家ショスタコーヴィッチの息子であるマキシム・ショスタコーヴィッチ指揮のもと、新日本フィルと共に自作の協奏曲を演奏。
その他、国内のみならずフランス•ドイツ•ポーランド•ウィーン•イスラエル•アメリカ等海外での演奏経験も豊富に積む。
その後一度音楽の道を離れるが、19歳の時にアルバイト先の店でジャズに初めて出会い、それまでとは全く違う音楽感に強く惹かれ独学と実践にて勉強を始める。
そんな中、東京はお茶の水にあるライブハウス『NARU』の先代の社長、故ナル氏に「そっちもウチでピアノ弾いてみるかぁ」と声をかけてもらった事をきっかけに、毎週ピアノトリオで『NARU』に出演する事になる。
またナル氏の引き合わせにより山口真文氏のセッションに参加。以降実力派ミュージシャンとの共演を多く重ねる。
竹内直グループ•峰厚介グループに参加。
現在、年間300を超える演奏活動を通し自己の音楽を追求し続けている。


清水 絵理子(P)
須川 崇志(B) 竹村 一哲(D)


2stages/入替無し open 18:00 1st 19:00/2nd 20:00
charge:前売¥4,500 当日¥5,000 学生証提示の方(22歳まで)¥2,500 
▶ご予約、ご来場の前に必ずご一読ください。