6/3 Thu(Jazz)

songbirdTAEKO from NY
Homecomig Live

1998年からニューヨークを拠点とした演奏活動ののち2020年末に帰国。
アメリカでも世界でもトップクラスのパフォーマー、と高く評されている 深尾多恵子(TAEKO)がケリーズに再登場。

1998年からニューヨークを拠点とした演奏活動ののち2020年末に帰国。
現在京都を拠点に国際的に活動する深尾多恵子(TAEKO)がケリーズに再登場。
日米にて日本人ボーカリストに稀に見る広範な公演歴を誇り、本場のジャズファンや専門家から「アメリカでも世界でもトップクラスのパフォーマー」(ジノ・モラティ、ニューヨーク市内ジャズクラブ経営)と高く評されている 。
2007年にフラットナインレコード社を設立してアメリカでデビュー。
2019年は4作目となるCD「Contemplation」を発表、ニューヨーク発の名門ジャズ誌「ホットハウスジャズマガジン」にてフルページで取り上げられる快挙を成し遂げたほか、市内のジャズクラブ「バードランド」にて日本大使も出席するなかアルバム発売記念ライブを成功におさめた。
アップル社の商品「アップルウォッチ4」のコマーシャルソング「ホーキーポーキー」の収録、タイムズスクエアやセントラルパークでの米国国歌独唱など、多方面にて活躍。
初渡米からの軌跡を綴った著書「アントラベルドーニューヨークがジャズシンガーにしてくれたー」(瓜生朋美著)が2019年に日本で発売となった。
ダグ・カーン、ビクター・ジョーンズ、トミー・キャンベル、スタッフォードハンターといったアメリカの先鋭ジャズマンたちが率いるバンドでボーカルとして起用されてのライブやレコーディングも多数


深尾 多恵子(Vo)
祖田 修(P) 時安 吉宏(B)


2stages/入替無し open 18:00 1st 19:30/2nd 21:00
charge:¥3,800
▶ご予約、ご来場の前に必ずご一読ください。