パワフルで煌びやかな「美玖サウンド」に酔いしれました。

お客さまのライブレポート
10.19 Miku Yonezawa

人気サックスプレイヤー米澤美玖さんのAutumn Tour大阪公演をこちらで鑑賞しました。
美玖さんのLiveを観るのは私自身初めてでしたが、ステージがスポットライトで照らされ、演奏が始まった瞬間、仕事の疲れが吹っ飛び、踊り出したい気分になりました。情熱的な音色に心奪われ、うっとり。
「Change the World」 から爽やかに始まったと思ったら、2曲目に独特の世界観を持つオリジナル曲「Providence」が続き、会場の空気が一変。出だしからすっかり惹きこまれました。
今回は、サックスプレイヤーの榎本有希さんがシットインされ、2管でジャズ曲「Blue Bossa」と「The Night Has a Thousand Eyes」の2曲を演奏されました。華やかな音色に心が躍ります。
美玖さんの奏でる音色は、まさに色とりどりの虹色サウンド。
そして、愛らしいルックスからは想像出来ない位、パワフルかつ渋い音色を聴かせてくれます。
演奏姿は蝶のように華麗で、龍のように力強く、息を呑む程の格好良さに惹きつけられているファンの方も多いのでは無いでしょうか。
また、MCで見せるお茶目な一面も魅力的で、会場の人々を笑顔にするのも天才です。
演出の構成も良く工夫されていると感じました。
オリジナル曲だけでなく、ジャズスタンダード、ギターの小川悦司さんの曲、Project Mの曲、そして出来たばかりの新曲の初披露など、盛り沢山のセトリでとても楽しめました。

 
 
ギターの小川さんをはじめ、サポートメンバーも素晴らしい方ばかりです。
私自身、このLiveはピアノの佐藤勇作さんを通じて知りましたが、スタッフさんにピアノ側の席を案内していただき、迫力のある演奏を間近で堪能出来ました。
どんなジャンルも軽やかかつ情緒豊かに弾きこなす彼の音色が、美玖さんの演奏を引き立て、一層華やかに色付けしていると感じました。
ギターの小川さんは、繊細かつダイナミックな演奏で、美玖さんのサックスと織りなすハーモニーは感動的でした。彼女の音色を活かすツボを確実に押さえられており、流石の一言です。
ベースの藤村竜也さんは、抜群の安定感でバンドを支え、心地良い低音を会場に響かせてくれました。
そして、ドラムの村上友さんは笑顔が絶えず、明るく華やかなプレイで会場を盛り上げてくれました。
メンバー全員の息がぴったりで、美玖さんをしっかりと支え、個性豊かに華やかに演奏されており、耳だけで無く目でも楽しめる、本当に素敵なLiveでした。
特に新曲の「Midnight Raven」は初披露とは思えない程の一体感で、情緒豊かな雰囲気で印象に残りました。

パワフルで煌びやかな演奏に酔いしれ、とても幸せな時間が過ごせました。
また次回の公演も楽しみにしています。ありがとうございました。

投稿者 みいさん