ミスターケリーズ
ライブ情報&スケジュール
インターネット予約
料理とドリンクのご紹介
出演アーティスト紹介
店舗のご案内
ラジオ番組のご紹介
ミスターケリーズのルーツ
ミスターケリーズCD情報
ミュージック プロダクション
 
ジャズ雑学あれこれ
 
サイドバーのご紹介
 
ジャズ雑学あれこれ
〈 第1回 〉
韓国ジャズ界を代表するジャズ・シンガー WOONG SANの「韓国JAZZ事情」
 
 
韓国では、ジャズは若者の間で人気の音楽!

日本のみなさんこんにちは、ウンサンです。今日は私の国、韓国のジャズ事情をご紹介します。 韓国では、1996年ごろからジャズの人気が沸騰し、一時ちょっと下火になりましたが、また最近ブームが再燃してきています。日本と比べるジャズに関してはまだ歴史が浅く、ミュージシャンもファンも若い人が多いですね。


私は、ラッキーなことに、97年に「KOREA ALL STAR JAZZ FESTIVAL」のメインヴォーカルに抜てきされて、プロの世界に入りました。このイベントは、テレビ中継もある大きなジャズフェスティバルです。
また、韓国で唯一のジャズ番組、国営放送KBSテレビの「Jazz Club」のMCを務めた経験もあります。そういえば、BSでやっていた日本のテレビのジャズ番組は、韓国でも見えるのでよく見ましたよ。いまは、ジャズが若者に人気があるので、日本では考えられませんが、普通のポップスの番組によくジャズミュージシャンが出演したりしています。
しかし、ブームといっても年輩のジャズファンは少なく、ファンもアーティストも若いので、音楽にまだまだ深さが足りない感じですね。
 
1日3バンドが競演する、
ホットな韓国のライブ・ハウス!

ソウルには、ライブ・ハウスが10店くらいあり、大阪と比べても遜色がないくらいホットでエキサイティング。大きいクラブでは、1日に3バンドのステージがあるくらい盛んです。
中でももっともスケールが大きく有名なのが、「ブルームーン」というジャズクラブ。テレビや映画のロケにもよく利用され、韓国のミュージシャンだけでなく、日本を含め、海外のアーティストもよく出演しています。
私もこの「ブルームーン」には、週2回ぐらいのペースで出演し、コンスタントにライブを行っています。ソウルに遊びにきたときは、ぜひ私のライブを見に来てくださいね。

韓国は、日本にくらべてまだまだミュージシャンが少なく、限られた数の有名ジャズメンが、あちこちで活躍している、といった感じですが、ここ最近レベルがすごく上がってきました。アメリカで活動してキャリアを積んだり、バークリーの音楽院に留学する人もすごく増えたんですよ。(バークリーの学生の半分は、日本人と韓国人だとか。)これから、どんどん韓国のジャズシーンもレベルアップしていくことを私も願っています。

ところで、私はブルースがとっても好きなのですが、韓国のシンガーは、哀愁という感情表現では、日本やヨーロッパの人達よりも優れていると思います。これは、民族性からくるものだと思いますが、哀しく、心に沁みる歌を聴いてみてください。
実は、いま私は韓国で新しいCDを制作中です。自分でつくったオリジナルのブルースを収録する予定なので、期待していてくださいね。


once in a blue moon
住所:ソウル市江南(カンナム)区清潭(チョンタム)洞85-1
 
WOONG SANのプロフィールはこちら

2006年4月3日 2ndアルバム
「CALL ME」発売!


韓国のジャズ誌「MONCH MUNK」 日本でいえばスイングジャーナルのような韓国のジャス誌。
写真は、ウンサンのライブやCDのサポートもしている鈴木央紹さん(ts)が、OMORI BANDのメンバーとして韓国で発表したCDがバンドルされた99年9月号。
 
惜しくも廃刊になった
ジャズ誌「Doobop」
 
ウンサンがジャズボーカルのレッスンをしている教え子達が出したCD「Neuveau Deux 」。
EMI Music Korea
EKLD 0502
 
ウンサンの韓国でのデビューCD
「LOVE LETTERS」
EMI Music Korea
EKJD-0061
 
ジャズフェスティバル「KORIA JAZZ ALL STAR 2000」のパンフレットや、 韓国のコンサートのフライヤー
 
                 
第1回
WOONG SAN
第2回
広瀬未来
       
 
copyrights (c) 2005 All rights Reserved Mister Kelly's