ミスターケリーズ
ライブ情報&スケジュール
インターネット予約
料理とドリンクのご紹介
出演アーティスト紹介
店舗のご案内
ミスターケリーズのルーツ
ミスターケリーズCD情報
ミュージック プロダクション
 
ジャズ雑学あれこれ
 
サイドバーのご紹介
 
出演アーティスト紹介

松田聖子から、ホイットニーへ。
2004年に神戸ジャズボーカルクーンコンテストのグランプリを獲得し、実力を兼ね備えた美人シンガーとして脚光を浴びているシンガー、北浪 良佳さん。
彼女がボーカリストを目指すきっかけをつくったのは、ホイットニー・ヒューストン。
「子供のころはちょうどアイドル全盛期で、私も、松田聖子に憧れる普通の子供でした。そんなアイドル好きの私が洋楽に関心を持つようになったきっかけは、MTVの番組でホイットニーのビデオクリップを見たとき。『どうしてこんなロングトーンがでるのだろう?なんでこんなに自由自在に歌えるのだろう?』と、ものすごい衝撃を受けました」。
すっかりホイットニーのとりこになった良佳さん。しかし、まだ当時はアマチュアを教えるボイストレーナーなどいなかったし、今では盛んなゴスペル教室も存在しなかった時代。「だから、どうすればホイットニーのようになれるか分からなかった」そうで、彼女は、歌を勉強するために、学校の先生のアドバイスで音大に進学した。


ホイットニーから、クラシックへ。

音大では、田原祥一郎氏に師事。
「田原先生は、ホイットニーとはまったくジャンルが異なるクラシックの人ですが、自由自在に歌う、という点で共通点を持っている本当にすばらしい方です」。
彼女は、「先生のようになりたい」と、10年間、クラシックの勉強に熱中した。しかし、そこで大きな壁にぶつかることなる。
良佳さんのステージを聴いたことのある方はご存知だと思いますが、彼女は、個性的なハスキーボイスの持ち主。その個性が、クラシックの世界では邪魔になった。
「オペラなどでは、自分の声に合った少年役のオーディションを受けるのです。だけど、少年役にしては背が高すぎるので、なかなか出演が決まらなくて。」


クラシックから、Jazzへ。
そんな悩みを抱えていたときに、ホテルの聖歌隊の仕事に誘われたのが、良佳さんがJazzを始めるきっかけだった。
「聖歌隊のバック・ミュージシャンが、皆さん、ジャズ畑の人達だったんです。彼らは『譜面は要らない』というし、かっこいいアドリブをいっぱいやるし・・・。『いったいこの人たちはなんなのだ』と、クラシックしか知らなかった私はカルチャーショックを受けました」。
ライブハウスに出演するようになったきっかけも、「今もよく共演するピアニストの宮川真由美さんに、『いっしょにライブやってみない』と誘われたのがきっかけ」だったとか。「当時は、Jazzのアーティストといえば、知っているのはナットキングコールとビリーホリデイにトミーフラナガンぐらい」だったらしく、「4ビートという言葉すら知らなかった」というから驚き。こうして良佳さんは、Jazzシンガーとしての道を歩み始めた。


夢は、自由自在に歌えるシンガーになること。

現在は、ジャンルにとらわれることなくソウルを感じる曲をレパートリーにしている良佳さん。
「Jazzをはじめてまだキャリアが浅いので、これからはもっともっと自分のイメージを明確にしたライブ活動をしたい。そしてイメージがしっかり固まったらCDを出したいですね」と熱く抱負を語ってくれました。
彼女が目指すのは、「自由自在に歌えるシンガー」。
「ホイットニーにも、マリア・カラスにも、恩師の田原先生にも共通して言えるのは、ジャンルは違っても、とにかく自由自在に歌うことができること。そんなシンガーになるのが、私の夢です」。
そして、「自分の歌を通して、お客さんと繋がりたい」という北浪 良佳さん。これからもMister Kelly'sで自由な歌声を存分に聴かせてください
北浪 良佳さん (Vo)

きたなみ よしか(ボーカル)


PROFILE


神戸市生まれ 同市在住。

幼い頃から音楽に親しみ、ホイットニー・ヒューストンなどソウルシンガーの歌を聴き、歌手になる事を志す。

音楽教師の薦めで大阪音楽大学音楽学部声楽科に進学、田原祥一郎氏に師事、歌唱、発声の基本を学ぶ。同大学院オペラ研究室修了。
卒業後はジャンルにとらわれることなくソウルを感じる事の出来る曲をレパートリーに取り入れ、ジャズ・ポップスシンガーへと転身する。
現在大阪、神戸、東京のホテル・ライヴハウス・イベントを中心に活動しており、Jazz・ポップス・クラッシック・R&Bなどから題材を得て、幅広く活動している。

2001年度 神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト 入賞。


2004年度 神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト グランプリ受賞。
副賞として同年9月シアトル・ジャズアレイにてアメリカデビューを果たす。

2002年、希望の光をテーマにし、クラシックとポップスの融合を目指した初リーダCD『LUCE DI LUNA〜ルーチェ ディ ルーナ』を発表。その中で聞かれるオリジナル曲“ムーンライト”では作詞作曲にも才能を示した。

Official web site
http://www.yoshika.org/
05年10月13日 ミスターケリーズで
 
 
▲ページトップへ
 
copyrights (c) 2005 All rights Reserved Mister Kelly's